イントロダクション

柴咲コウ、真木よう子、寺島しのぶの奇跡のアンサンブル!
漫画、エッセイなど多岐に渡り活躍する作家、
益田ミリの作品を初映画化

忙しさに流されながらも、淡々と過ぎていく日常。
毎日に不満があるわけではないけれど、ふとした瞬間、
心に漠然とした不安がよぎることはありませんか?
自分はこのままでいいのだろうか。仕事は? 将来は?
老後ひとりだったらどうしよう……。
そんな誰もが感じているだろう人生の"不安"、心の中にある"もやもや"と、 きちんと向き合える作品が誕生しました。

原作は、益田ミリの人気四コマ漫画「すーちゃん」シリーズ。
素朴な画とシンプルながら核心をついたリアルなセリフが現代に生きる女性たちの心を掴み、じわじわと共感がひろがって待望の映画化が実現しました。

主演には、日本映画界を牽引する女優の柴咲コウ、真木よう子、寺島しのぶ。
初共演の3人が、親近感を抱かせる自然な佇まいで好演しています。
さらに実力派の井浦新、染谷将太や木野花、銀粉蝶、風見章子など
名俳優たちが集結しました。

主題歌には、奄美大島在住で人気急上昇中のカサリンチュ「あるがままに」。 劇中歌には、矢野顕子自ら、本作のために新たにレコーディングし、蘇った名曲「PRAYER」。それぞれの楽曲が映画のクライマックスを彩ります。

ひとりぼっちじゃない。きっとあなたを見てくれている人がいる。

3人は10年来の友人。時に一緒に涙して時に大声で笑い合う。
それでも、お互い打ち明けない悩みもある。
思いがけないキス、真夜中の号泣、突然の再会…
不安は尽きずとも、明日は必ず来る―

この世に絶対的な幸せなんて存在しない。人生はときに厳しくもある。それをごまかさず受け入れて、小さく傷つきながらも、たくましく生きていくすーちゃんたち。遠い未来のためだけに、今を決めすぎることはない。彼女たちの姿が、そう気づかせてくれます。